スポーツジム選びは非常に重要です。

スポーツジムは利用料が月額制を採用しているケースが大半なので長期で続ける観点から良いスポーツジムを選ぶべきです。

この記事では、失敗しないスポーツジムの選び方について解説していきます。

設備の整ったスポーツジム

設備の整ったスポーツジムは魅力的です。

ランニングマシーンやウエイトマシーンはどこのスポーツジムにもあると思います。

ランニングマシーンの台数は十分に用意されているか、ウエイトマシーンの種類は充実しているか、種類の豊富なスタジオプログラムは用意されているを確認しましょう。

また、シャワー・お風呂などの設備は充実しているか、清潔感があり利用者の雰囲気が良いかなど総合的に判断するようにしましょう。

ほとんどのスポーツジムが無料体験や見学が出来ますので、これらを利用し出来れば2〜3箇所のスポーツジムを比較して入会を検討するのが良いかと思います。

利用料が高すぎないか

スポーツジムの利用料が高すぎないか、と言う点も非常に重要です。

それなら安ければ良いかと言うと必ずしもそうではありません。

安すぎるために設備が充実していない場合もありますので最適な料金設定をしているスポーツジムを選ぶべきです。

利用料の相場は8,000円〜12,000円が一般的な相場だと思います。

利用時間帯、利用設備によってコースが別れる場合もありますのでご自身の希望するコースで入会するのもおすすめです。

「例えば平日のみ」「休日と夜間のみ」「スイミングのみ」「学生割引あり」「制限にこだわらずいつでも利用可」など細かくコースが別れている場合もありますのでご自身の都合に合うコースを選べます。

入会金無料、月会費2ヶ月間無料など入会キャンペーンを行なっているスポーツジムも多いのでこれらのお得な特典を活用するようにしましょう。

ただし、このような入会特典がある反面、入会後は6ヶ月間退会出来ないなど縛りがある場合もありますので条件については確認はしっかりしておきましょう。

自宅から近い場所にあるか

スポーツジムが近いと当然ながら通いやすいです。

遠くの場所にあると行くまでの手間が面倒になるのでなるべく自宅から近いスポーツジムを選ぶようにしましょう。

自宅の近くになければ仕方がないですが、なるべく15分以内で行ける範囲がいいと思います。

もしくは、仕事の通勤帰りに通えるスポーツジムも良いと思います。

なるべく普段の生活から移動時間を浪費しないスポーツジムを選ぶようにしましょう。

会社の割引制度を活用する

会社の福利厚生でスポーツジムの割引制度を採用している企業も増えてきています。

会社の福利厚生は非常にお得で通常のスポーツジムの半額以下で利用可能になるケースもあります。

もしくは通常なら月額制のところ、1回500円のようにスポットで支払い可能になる企業もあります。

スポット払いの場合、通う回数に比例して費用がかかるので月によっては通う回数によって増減があっても勿体無い思いをしなくて済みます。

お勤めの会社の福利厚生でスポーツジムの利用が割引になるかも確認してましょう。

スポーツジムの選び方まとめ

  1. 設備が充実しているか
  2. 料金設定は適切か
  3. 通いやすいか(自宅から近いか・もしくは通勤帰りに通えるか)
  4. 会社の福利厚生が活用出来るか

 

この4項目が非常に重要ですのでしっかりチェックしましょう。

すぐに決めずにまずは無料体験や見学を活用し、わからないことがあればスポーツジムのスタッフに積極的に聞いて不明点を減らすようにしてください。

入会後にすぐに退会することがないよう諸条件についてもしっかりと納得してから入会を決めるようにしてください。

おすすめの記事