スポーツジムに通い始めたばかりの初心者の方は、まずは強度が低めのスタジオレッスンに参加してみましょう。

張り切りすぎていきなり強度高めのスタジオに参加すると体力が持たなくて辛い思いをするかもしれません。

まずは強度が低いレッスンに参加して様子を見ることをおすすめします。

この記事では、スポーツジム初心者の方が最初に選ぶべきスタジオレッスンの見つけ方を解説していきます。

スタッフにおすすめのスタジオレッスンをきいてみる

実際にどのスタジオレッスンに参加すべきかは、スポーツジムのスタッフに聞いて見るのが良いです。

スポーツジムによってスタジオレッスン名や内容が違ったりします。

初心者におすすめな強度が低いものは何かを聞いて参加するレッスンを決めましょう。

レッスンの時間もいきなり長いものを受けるのではなく30分程度のものからスタートするようにしましょう。無理は禁物です。

どのスポーツジムにもスタジオレッスンのスケジュール表があり、強度が低いレッスンには「初心者マーク」をつけてくれてるものもあったりします。

このマークを参考に選ぶのもありです。

スタジオレッスンは、外から様子がみることが出来ますので不安であれば事前に参加したいレッスンを見学しておくのもありです。

最初はヨガや踏台昇降がおすすめ

私が初回におすすめしているのがヨガや踏台昇降のレッスンです。

ヨガはゆっくりした動作でポーズを決めるので体力的な問題はほとんどありません。

普段硬くなった体を伸ばすので非常に良いと思います。

ゆっくりした動作だからといって侮ってはいけませんよ。ヨガは意外と汗をかきます。

踏台昇降はステップ台を乗り降りをするレッスンです。

軽い有酸素運動なので気持ち良く汗をかくことが出来ます。踏台昇降も初心者にはおすすめです。

ステップ台を使ったレッスンは強度が様々で、例えば強度が高いものだとステップ台の上でジャンプするものがあります。

何回も連続でジャンプするレッスンもありますので最初のうちは強度が低いものから参加してくださいね。

他には、ゴムチューブを使用したウエイトトレーニングもあります。

ウエイトトレーニングと言うと、思いダンベルや鉄アレイを持ってトレーニングするイメージがあるかと思います。

実際にダンベルや鉄アレイを使用したスタジオレッスンもありますがゴムチューブだと負荷が低いので筋力をつけたい方にオススメです。

また、ケガをしにくいので初心者の方にもおすすめですね。

スタジオレッスンを体験してみよう

まずはスタジオレッスンに参加して見ることが大事ですので強度の低いものから参加して体験してみてください。

最初はいきなり強度が強いものではなく自分の体力、体の状態を知るために様子を見る感覚で参加するのが良いです。

ご自身の体力や筋力を確認し、強度を上げても大丈夫であれば強度が高いスタジオレッスンへとステップアップしていきましょう。

いきなり激しいプログラムに参加すると体力が持たずバテてしまう可能性もありますし、翌日極度の筋肉痛になる恐れもありますので無理は禁物です。

スポーツジムは色々なトレーニング設備があります。

ランニングマシーン、ウエイトマシーンのイメージが強いですが、この2つだけだとどうしても飽きてしまい長続きしずらいと思います。これは私の経験から明らかです。

スタジオレッスンを取り入れることでスポーツジムで出来る幅が広がります。

スタジオレッスンでは、ヨガ・ボクササイズ・エアロビ・踏台エクササイズ・ウエイトトレーニングなど様々なトレーニングがあります。

スポーツジムによってはレッスンのプログラムに違いがありますのでまずはどのようなスタジオレッスンが用意されているのかを把握し強度の低めのプログラムから受けるようにしましょう。

初回は参加するのが恥ずかしいと思うかもしれません。

しかし、心配せず勇気を出して参加してみてください。最初は一番後ろの隅の方で構いません。

一度参加してしまえば楽しくて次回も参加したくなってしまいますよ♪

おすすめの記事